• ホーム
  • エースホームの特長
  • 商品一覧
  • こだわりの安心システム
  • 家づくりのご相談
  • 会社情報

オープン後まもなく1年、新社屋のこだわりとは

三和建設エースホーム宝塚・伊丹店の野崎です。
旧別館を建替え、新本社が竣工オープンしてまもなく1年を迎えます。
社内で設計・施工をした建物とはいえ、
『こんな便利機能があったのか!』『こうやって使うものだったのか・・・!』と
当初は日々発見でした。
しかし!まだその全容は明かされていなかった!(すみません、大げさです・・・)
新入社員研修に同行して知った社屋のこだわりを紹介します。

新社屋_外観w500h380.jpg
上の写真が、昨年5月にオープンした弊社三和建設新本社です。
今年で創業54周年、主に阪神間を中心に新築・リフォーム・不動産仲介・不動産管理を行っています。
社員数100名弱と大きい会社ではないのですが、
木造のみならず、RC造(鉄筋コンクリート造)、鉄骨造も得意としているのが特徴の一つです。
新本社もRC造、5階建。自社設計、自社施工です。
建物のファサード(正面、顔)となる北面は、半分ほどがガラス張り。
「1面だけとはいえガラス張りとか大丈夫!?」と思ってしまいますが、
この壁はいわば意匠壁で、この壁で建物を支えている訳ではないので
重みでグシャリとはならないそうです。

こちらがエントランス。(天井をメインに撮影したのでバランス悪いです・・・)
201903_エントランス天井.jpg
エントランスの天井は、円形にくり抜かれ間接照明が内部を照らしています。
「なんかお洒落な感じにしたかったんだな・・・」程度にしか捉えていなかったのですが、
ここには設計士のこだわりがありました。

下の写真で、天井を指差し新入社員に説明しているのが、当建物を設計した田村です。
会社の顔となるエントランス。
しかし天井高が2800(2.8m)と大きい建物にしては低め。
開放感とお客様をお出迎えする明るさが欲しいとなり
天井の一部をくり抜き高さを出すことに。
施工は難しいが円形にして丸みをおびて迎え入れることに決定した、との説明が。
オープン当初、業者様がこの天井に驚かれたり「頑張ったね~」としばしば仰って頂いたのは
その辺りを見抜いておられたんですね!201903_新入社員研修02.jpg

下の写真では照明やエアコンのスイッチの説明中。
これはとても便利なシステムです。
各階にスイッチ集合場所があるので、その部屋に行かなくても照明・エアコンのオンオフ操作ができます。
更に、照明スイッチは、1つのスイッチにどの機器を繋ぐか選べるので、
1階照明を一度に全部オンオフするスイッチ、2階照明全部スイッチ・・・と重宝しています。
一般家庭の照明スイッチは照明機器と直接、ケーブルで繋がっていますが、
当社屋の照明スイッチはケーブルで繋がれていますがいわばリモコンスイッチだそうで、
1つのスイッチに数10個の機器を繋ぐことができるそうです。
201903_新入社員研修03.jpg


続いて、階段の話。
大きな建物は「2方向避難」という決まりから、当社屋には階段が2箇所(外階段、内階段)あります。
下の写真は、内階段の1階部分。
一番下の2段は横の壁が無いので階段の端が見えている状態なのですが、
ここに心配りがあるとの説明が・・・。
宝塚市は福祉の町条例を定めており、公共性の高い階段で横壁がない場合、
階段の端を5センチ立ち上げ、高齢者や子供の踏み外し落下を防ぐという規定があるそうです。
階段右端の白い部分が、階段踏み面より高くなっています。
こんな所にも意味があり、小さいけれど大事な部分なんです、との説明がありました。201903_新入社員研修04.jpg


そのほか、写真はありませんが、
新社屋での勤務が始まる前から社員間で話題だった「トイレの入り口に扉がない問題」。
各個室にはもちろん扉はありますが、トイレ全体の入り口には扉がありません。
社屋は公共建築物ではありませんが、多数の人が出入りする建物なので
公共建築物のように出来るだけタッチレストイレにしたそうです。そーいうことだったんですね・・・
廊下からトイレの中は見えない配置になっていますし、音やにおいも問題なく、
衛生的で快適なトイレライフが過ごせています。

ほかにも、壁の角をあえてアールにしたことも説明がありました。
建具の枠などがない壁の端っこは通常、直角に近い角(カド)です。
この角を、人が通る所の壁は丸くアールにすることで
ぶつかっても痛くない、またぶつかりにくい壁に仕上げたとのこと。
これまた施工は難しくなってしまいますが、こだわったポイントの1つだそうです。

ほかにも挙げたらキリがありませんが、いろいろ考えて設計してあるんですね。
工事途中でも、イメージと違ったり、思わぬ問題が分かったりして
計画変更した部分もあったとか。
おかげさまで、日々スムーズに業務出来ているんですね・・・。
今更、ありがたみが沸いてきました!

以上、オープン後1年経って知った新社屋のこだわりでした。

「マイホーム」の建築費用はどれくらい?
 →商品紹介ページでエースホーム各商品をご覧いただけます!
もっと詳しく知りたい方は、こちらへお問合せください。
 →エースホーム宝塚・伊丹店 フリーコール0120-434-118
木造住宅を建てるならエースホーム宝塚・伊丹店の三和建設へ。
宝塚、伊丹、西宮、川西、芦屋、神戸をはじめ大阪・兵庫・阪神間で施工しています。

カテゴリ:

このページの先頭へ