• ホーム
  • エースホームの特長
  • 商品一覧
  • こだわりの安心システム
  • 家づくりのご相談
  • 会社情報

消費税率10%への引上げ、駆け込み購入は損なの?得なの?

こんにちは。三和建設エースホーム宝塚・伊丹店戸田です。
今、家づくりを考えている人は、10月に予定されている消費税率10%への引上げが、
きっと気になっていることでしょう。
駆け込み購入は損なのか?得なのか?「次世代住宅ポイント」にも注目!

201903_表タイトル.jpg

政府は増税対策として、住宅取得に手厚い支援策を準備しています。
平成31年度予算案・平成31年度税制改正大綱に盛り込まれた消費税率引上げに伴う
住宅取得支援制度の概要について、国土交通省が2月から全国で開催している説明会に
参加してわかった最新情報をご紹介します。


消費税率の引上げに伴う4つの支援策
※予算案、関連税制法案が今後の国会で成立することが前提(4を除く)

201903_表イラスト02.jpg


注目は「次世代住宅ポイント制度」!
4つの支援策のなかでも注目は、昨年末に発表され、
1,300億円を予算計上することになった「次世代住宅ポイント制度」です。
次世代住宅ポイント制度は、2019年10月の消費税引上げに備え、
良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、
消費者の需要を喚起し、消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的とし、
税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、
様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。
(参考:国土交通省 消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応について)
201903_表イラスト03.jpg


201903_表イラスト04.jpg
タイミング次第で
消費税8%で契約しても「次世代住宅ポイント」がもらえる!?

制度の実施期間は、契約状況によってそれぞれ異なってくるので注意が必要です。
注文住宅の新築の場合、下図の期間内に契約、着工、引渡しを行うものが対象になります。
※ただし、別途定められる期間内にポイント発行申請、完了報告が可能なものに限られます。

201903_表イラスト05.jpg

 

201903_表イラスト06.jpg

 

201903_表イラスト07.jpg


増税前と後の住宅取得支援策の比較
先に挙げた住宅取得支援策ですが、消費税率がアップする前の8%の時と
10%にアップした後とを比較したのが下の表です。

201903_表イラスト08.jpg

 

消費税がアップする前に建てたほうが得なの?損なの?
以上のような住宅取得支援策でどの程度効果があるかは人それぞれ。
制度ごとに住宅の広さや性能、年収など細かい条件があり、たとえ支援策を
受けられる場合でも、その人の住宅ローンの額や贈与の額、納めている所得税の額などによって
効果の大きさが変わってきます。
そのため、消費税率8%の場合と10%の場合で、増税による負担の増加と
支援策による軽減のどちらが大きくなるかは、それぞれの場合で試算しないとわかりません。
とはいえ、消費税8%で購入するのを検討できるのは今しかありません。
そのためには早めの情報収集がおすすめです。

「ライフプラン」を含めて、その人にとって、いつが建てどきなのか?を無料で相談できる
『住まいる塾』をぜひお役立てください。
201903_表イラスト09.jpg

「マイホーム」の建築費用はどれくらい?
 →商品紹介ページでエースホーム各商品をご覧いただけます!
もっと詳しく知りたい方は、こちらへお問合せください。
 →エースホーム宝塚・伊丹店 フリーコール0120-434-118
木造住宅を建てるならエースホーム宝塚・伊丹店の三和建設へ。
宝塚、伊丹、西宮、川西、芦屋、神戸をはじめ大阪・兵庫・阪神間で施工しています。

カテゴリ:

このページの先頭へ