• ホーム
  • エースホームの特長
  • 商品一覧
  • こだわりの安心システム
  • 家づくりのご相談
  • 会社情報

S様邸「カント」のC値(気密性能値)測定!エースホーム木造新築戸建

こんにちは。三和建設エースホーム宝塚・伊丹店設計岡本です。
カントシリーズで建築いただいたS様邸の気密測定(C値測定)の様子をお届けします。 

201604_気密測定01.JPG
お引渡し直前のS様邸にて、恒例のC値(気密性能値測定)を行いました。
エースホーム宝塚・伊丹店では、
エースホーム住宅の全棟でC値(気密性能値)を測定しています。 

C値(シーチ)とは、
家の延床面積に対する隙間面積の割合を示す数値、気密性能値です。
C値がゼロに近いほど、建物の隙間が少なく、気密性が高いということになります。

しかし!このC値。なんと!
現在の「次世代省エネルギー基準」では、この隙間面積の規定は除外されています。
とは言うものの、高気密住宅なんて意味がない!という訳ではありません。
隙間だらけの気密性の低い住宅では、熱効率が悪く(例えば、暖房・冷房しても逃げてしまいます)、
せっかくの住宅性能が計画通りに運ばなくなってしまうのです。

ちなみに、C値は実際に現場に測定器を持ち込んで測定しますが、
現在の「次世代省エネルギー基準」平成25年基準において要件とする
 値(ユーエーチ)とη値(イータエーチ)は紙面計算となります。
 値とは、外皮平均熱貫流率のことで、が小さいほど熱が逃げにくく断熱性能が高くなります。
η値とは、冷房期の平均日射熱取得率のことで、値が小さいほど日射が入りづらく冷房効率が高くなります。

201604_気密測定07.JPG
(逆光で室内が見えにくくてすみませんsweat)

CIMG6060.JPG
右側の大きな送風機で建物内の空気を外に排出し、建物内の気圧を測定します。
「外に出した空気の量」「室内と外気との気圧差」を測ること
「隙間の面積」を計算します。

室内の様子は・・・こんな風になっています。
201604_気密測定04.JPG
照明器具用のスリーブ(穴)やエアコンスリーブ、24時間換気、換気扇などは
養生テープ(今回はピンク色)で目張りしています。
201604_気密測定02.JPG

ちらほらとピンクの養生テープが見えますね。
「テープで目張りをしてC値を上げよう!」という作戦ではありませんface_embarrassed
C値測定の際は、テープなどで目張りをして、空気のもれがないようにする部位が定められています。
これらの部位は気密測定で知りたい「意図しない空気もれ」ではないからです。
201604_気密測定03.JPG

測定中は室内の気圧が若干下がりますが、室内の人には特に変化は感じません。
空気がもれている箇所は「シューッ」と音がします。

測定結果は、C値1.1!
高気密住宅に合格ですねsparkling

エースホーム「カント」で建築いただいたS様邸、素敵に仕上がっております!
施工写真も公開予定ですので、お楽しみに!

設計の岡本でした。
staff_okamotokanae.jpg

「マイホーム」の建築費用はどれくらい?
 →商品紹介ページでエースホーム各商品をご覧いただけます!
もっと詳しく知りたい方は、こちらへお問合せください。
 →エースホーム宝塚・伊丹店 フリーコール0120-434-118
木造住宅を建てるならエースホーム宝塚・伊丹店の三和建設へ。
宝塚、伊丹、西宮、川西、芦屋、神戸をはじめ大阪・兵庫・阪神間で施工しています。

カテゴリ:

このページの先頭へ